商標登録サイト|newpon特許商標事務所

Intellectual property rights are the rights given to you over the creations of your minds.
newpon特許商標事務所

newpon特許商標事務所

  

「知的財産」とは

■ 発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物のように人の創造的活動により生み出されるもの

■ 商標のように事業活動において、自己の商品または役務を表示するために用いられるものの

■ 営業秘密その他の事業活動に有用な技術上または営業上の情報

 などのことをいいます。

 私たちは、知的財産に関する権利を適切に保護するお手伝いをします。

  

知的財産に関するご相談を承ります

 こんな方はぜひご相談ください

■ 商標登録について信頼できる弁理士を探している

■ 意匠登録にはどの位の費用が掛かるのでしょうか?

■ 特許(実用新案登録)出願を考えているが、出願の書面を作成してもらえる弁理士を探している

 その他、どのようなことでも構いません。ご相談を承ります。

  

商標登録とは

商標とは、異なる生産者・サービス提供者から提供された同一又は類似する商品・サービス間で区別するために使用される識別力ある標識です。

 

■ 商標は、自らの商品・サービスと他人の商品・サービスを区別するマーク(標識)です。無体の財であり知的財産です。登録商標の所有者は、指定した商品・サービスについてその商標を独占的に使用することができます。

■ 商標登録とは、商標登録出願手続によって特許庁の原簿に登録されること、又は、登録された商標をいいます。商標権者は、一定の商品やサービスについて、わが国において登録商標を独占排他的に使用することができます。

■ 商標登録は特許庁への簡単な手続きで行うことができます。しかしながら、自らの業務との関係で適切な権利を取得することは決して容易なことではありません。

 

  

商標登録はなぜ必要なのでしょうか?

商標登録の newpon です。商標のご相談ですか?今すぐ、ご連絡ください。ご相談は無料です。出願前の商標調査・出願時の手数料も無料です。
(お問い合わせ先)

■ 自らが製造し販売する商品や提供するサービスについて使用する名称やマーク(標識)が商標登録を受けていない場合には、次のようなことが起こり得ます。

(1) 他人が同一又は類似する標識について先に商標登録出願すると、自分のものと思っていた標識がその他人のものになることがあります。このときには、その商標権を譲ってもらうことができなければ、あなたは永久にその標識の所有者になることができません。他人の標識を使用した商品を製造し、サービスを提供することでは事業も成功しないでしょう。

(2) 仮に事業が成功し、拡大したとしても、同一又は類似する登録商標を有する他人から使用の中止を求められると、その使用を止めざる得なくなります。交渉により、継続使用することが認められたとしても、その他人に、たとえば毎年の売上高の一定割合をロイタルティとして支払うことが必要になります。

(3) その上、過去の無断使用は商権侵害になりますので商標権者に損害賠償しなければなりません。

■ このような事態を事前に防ぎ、安心して事業を進めるためにも、商標登録についての専門家である弁理士に相談されることをお勧めします。皆さんが安心して事業を継続していくために、newponは最大のサービスを提供します。

  

トッピクス

  1.  インドネシアが100番目のマドプロ加盟国となりました(効力発生日:2018.1.2)(特許庁)
  2.  タイが99番目のマドプロ加盟国となりました(効力発生日:2017.11.7)(10.13 特許庁)
  3. 音楽的要素のみからなる音商標について初登録」(2017.9.26 特許庁)
  4. 商標審査基準」が改正されました。(特許庁 2016.3.22)

 個人情報のお取扱いについてホームページ利用規約↑ ページトップに戻る← 前のページに戻る