知的財産のことならnewpon特許商標事務所
メインメニュー先頭です
ようこそ商標登録の newpon へ                              newpon特許商標事務所
サブメニュー先頭です
プロフィール

事務所紹介

所属弁理士

サービスの内容

インフォメーション

報道発表

知的財産制度の概要

商標登録出願手数料ゼロ;商標調査も無料
商標登録出願手数料ゼロ!経験豊富な弁理士が丁寧に対応します。

経験豊富な弁理士による商標登録出願、手数料無料(ゼロ円)

本文の先頭です

商標法の改正

   
2014年
4月25日

 特許法等の一部を改正する法律(平成26年4月25日法律第36号)
 商標法が次のとおり改正がされます。
(1)保護対象の拡充  (施行日:2015.4.1)
 ・ 商標の定義の見直し, 色彩のみや音からなる商標を保護(2条1項)。
 ・ 音の標章を発する行為を使用の定義に追加, 標章の使用の定義の見直し(2条3, 4項)。
 ・ 商標の詳細な説明を願書記載事項に追加, 商標登録出願に関する手続規定整備(5条等)。
 ・ 「新しい商標」は、商標に関する詳細な説明の記載や所定の物件(音の商標であればその音を記録したCD等)を出願時提出(5条4項)。
 ・ 詳細な説明や所定の物件は、商標の内容を特定するものであること, 違反は拒絶理由(5条5項, 15条)。
 ・ 登録商標の範囲は、詳細な説明や所定の物件の内容を考慮して定める(27条)。
 ・ マドプロ議定書に基づく国際商標登録出願に関する手続について、国際登録簿上に記載されている事項のうち所要の事項を商標の詳細な説明とみなす(68条の9)。

(2)地域団体商標の登録主体の拡充  (施行日:2014.8.1)
 ・ 地域団体商標の商標登録を受けることができる者に、商工会,商工会議所,特定非営利活動法人,これらに相当する外国の法人を追加(7条の2)。

(3)国際機関の紋章等と類似する商標の適切な保護  (施行日:2009.04.01)
 ・ 自己の業務に係る商品等を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標等及び国際機関と関係があるとの誤認を生ずるおそれのない商品等について使用する商標については、当該国際機関を表示する標章と同一又は類似であっても、商標登録することができる(4条1項3号)。
 

6月7日

 意匠法等の一部を改正する法律(平成18年6月7日法律第55号)
■ ブランドの保護の観点から、商標法が次のように改正がされます。
(1) 小売業者等が使用する商標について、事業者の利便性向上や国際的制度調和のため、役務商標として保護する制度を導入。2007年1月発行予定のニース協定第9版に、小売店等により提供されるサービスが第35類の役務として含まれることを明記。継続的使用権、施行後3月間の出願日の特例期間あり。(施行日:2007.04.01)
(2) 団体商標の主体を見直し、広く社団(法人格を有しないもの及び会社を除く)も主体となることを可能とする。民法34条の規定改定(公益法人制度改革の一貫)。(施行日:2006.09.01)

cf.・審査基準 
2月22日

 商標の一部を改正する法律((平成17年6月15日法律第56号)
■ 地域団体商標制度が導入されます。(施行日:2006.04.01)
 地域の名称及び商品(役務)の名称等からなる商標について、地域との密接な関連性を有する商品(役務)に使用され、需要者の間に広く認識されている場合には、事業協同組合その他の組合による地域団体商標の登録ができる。
cf.・解説/登録要件(弁護士 伊達智子)

法令・規則・審査基準・審査便覧

  商標法
          ■ 商標法
  政令・審査基準
          ■ 商標審査基準(特許庁HPへリンク)
          ■ 改正商標審査基準(2007年4月1日適用).pdf (特許庁HPへリンク)
          ■ 商標審査便覧(特許庁HPへリンク)
          ■ 類似商品・役務審査基準[国際分類第9版対応](英語訳付)
            (特許庁HPへリンク)
          ■ 審判便覧(特許庁HPへリンク)
  方式審査
          ■ 方式審査便覧(特許庁HPへリンク)
ページの先頭へ
フッターの先頭です
ホーム > 法令・審査基準 >                             The European Patent OfficeEPOサイトマップ | ENGLISH

↑ ページトップに戻る | ← 前のページに戻る

ページの先頭へ